スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    あんど
    0
      今日はC&Aの約2年ぶりに発売されるシングルの入荷日。
      2枚同時発売なのだが、どちらも3万枚限定作品なので仕事が終わってから猛ダッシュで買いに行ってきました。事前に予約しときゃこんなに慌てずに済んだんですけどね。気がついたら12月も半ばを過ぎ、更に気が付いたら年を越していて、そして今日の朝入荷日だということに気が付いて・・・というナマケモノの見本のような行動パターンですが、二人に対するラブの大きさは昔っからこれっぽっちも変わってないと思うの。<ウザ(゚Д゚)

      1枚はCHAGEちゃんの作品「Here&There」
      雰囲気としては「トウキョータワー」の頃の作品に近いかなーなんて思うのはワシだけか?ベースの音がすごく気持ちいい。二人の歌い方が毎度お馴染み『コーラスって何?ハーモニーって何それ!?お互いに自分がメインだと思ってるから』この言葉通りの合わせる気ゼロのまさにC&A色でちょっと笑った。

      CHAGE曲のバラードってすごく好きなんだけど、久しぶりにハジけた曲も聞いてみたいなと思う今日この頃。アルバムに期待していいですか?

      もう1枚はASKAさんの「Man and Woman」
      21世紀バージョンの「男と女」です。初代「男と女」は悲恋モノでしたが、約25年の時を経て再登場した「男と女」はオトナの包容力というか、ほんのりあったかい気持ちになれるような穏やかな曲になってますね。今までオフィサイトでの試聴もせず、エアチェックもし忘れ(号泣)全くまっさらの状態でこの曲聞いたんですが、イントロ聞いた瞬間に「あぁ、ASKAさんの音だわ」とついうっかり顔がニヤけてしまいました。特にオープニングのピアノソロからギターの♪ちゃららん〜がきてリズム隊が合流する辺り、これこそASKA曲ですよね。

      2曲が2曲とも全然違う系統の曲なので「どっちが好き」とかそんな比較できませんけど、あえて、強いて言うなら久しぶりにスタッフロールで十川さんのお名前を発見した”ヒアゼア”で。・・・・・・曲の良し悪し関係ないし。

      そして今回から(?)プロデューサーに山里氏の名前が復活してきましたね。
      歌詞カードの歌詞よりもスタッフ欄見て喜んでる人間もそう多くないと思うが、実際ここでウハウハしてる人間が居るのできっと世のC&Aヲタの中にも一人か二人ぐらいワシと同じような人間が居るはずだ。きっと。多分。

      再来週にはノラロー以来のアルバムも出るし、雪解けの頃にはツアーも始まるし、今年はC&A関連の予定でも忙しくなりそうです。いやん、困ってまうわーポッ<全然困ってるように見えない
      | | C&A | 22:01 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - | - |