スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ASKA WALK@石川厚年
    0
      ウチのブログに書いても多分需要ないと思いますがとりあえずセトリ。

      一応まだツアー真っ最中なのでワンクッション。

      Now
      Hello
      RHAPSODY
      どうってことないさ
      僕はすっかり
      birth
      Girl
      Kicks street
      遊星
      good time
      あなたが泣くことはない
      帰宅
      L&R
      RED HILL
      晴天を誉めるなら夕暮れを待て
      月が近づけば少しはましだろう
      けれど空は青
      PRIDE
      UNI-VERSE

      -En-
      恋の季節(ピンキーとキラーズのカバー)
      ボヘミアン(セルフカバー)
      夢はるか


      一部文字装飾がウザいことになってますがどうぞお気になさらずに。

      始まる前からずっと涙目で、何度かこらえきれずに涙が溢れてきましたが、終演時には涙なし・笑顔オンリーでASKAさんをお見送りすることができました。

      C&A曲については、ソロでやっても全然問題ないんだが、耳が無意識のうちにもう一つの声を探してしまってて。これはもう慣れるしかないのかな?そう簡単に慣れることができりゃ今日も泣かずにLIVE楽しめただろうよ・・・。

      30周年という節目を目の前にしての活動休止。その辺はASKAさんたちも気に留めていてくれたようで、「5年後か10年後か、それとも来年になるかわからないけど、いつかまた2人が並んで歌う日が来たら30周年のパーティーしようね!」って言葉をいただけました。この一言が嬉しくて、この日一番のボロ泣きをしてしまいました(照)泣きすぎてちょっと頭痛い;

      詳しいレポはまた別ページにて改めて。

      今回のLIVEで抱いた最大の疑問。
      ツアータイトルにもなってるWALKは歌わないんですか?
      | | C&A | 23:54 | comments(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:54 | - | - | - |